地方都市に共通したまちなか居住の実態と課題に関する一考察:新潟県内4市を対象としたケーススタディ  [in Japanese] A Study on Living at Central Area in Local City:A Case Study of 4 Cities in Niigata Prefecture  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は全国で共通して実施されている国勢調査の結果を用いて住宅と世帯の構造から、まちなか居住の実態を把握し、課題を探ることを目的としている。 まず、まちなかを1970年DIDと定義した。そして研究対象とした新潟市、長岡市、上越市高田地区、十日町市の4市のまちなかに存在する地区を一括してクラスター分析し、6つのタイプに分類した。さらに、人口減少が顕著なタイプの地区を分析した結果、地方都市のまちなかで人口減少が起こっているのは戸建て住宅が主体となった地区であり、その要因は地区の世帯分離と住宅系敷地の減少による住宅の滅失によって引き起こされていることが明らかになった。 今後まちなか居住を促進するためには戸建て住宅居住世帯への対応が急務であり、空地となった敷地の統合によって敷地の面積・形状の問題を解決し、地区への転入支援をおこなうことが必要といえる。

This study aims to understand the condition and problem of central area living in local city from the structure of the dwelling and household by using the small-area census data. We define 1970 DID as central area. We clarify that the population decreases at the central area where lots of detached house exist and that the factor is a separation of household and a disappearance of house. We propose following for the future: 1) Correspondence to the detached house residence will be urgently need. 2) The problem of the area and the shape of the site is solved by integrating sites that become vacant land. 3) It is necessary to do the migration support to the central area.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 50(3), 926-631, 2015

    The City Planning Institute of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005107765
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0916-0647
  • NDL Article ID
    026826701
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top