外国人定住化時代の自治体外国人住民政策のあり方に関する考察:欧州インターカルチャー政策との比較検討と愛知見豊橋市におけるケーススタディを通じて  [in Japanese] A study on the Policy of Local Government for Foreign People in the Period of Settlement:Through the Comparing with "Intercutural Policy" in Europe and Case Study in Toyohashi City  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

外国人住民が急増するきっかけとなった入管法の改正から25年が経過し、外国人住民も定住の段階に入ったと思われる一方で、2008年の世界的不況をきっかけに外国人住民人口は減少に転じた。それでもこれまで外国人が多く住む都市では様々な取り組みを行ってきたものの、これからどのように政策を展開していけばいいかについては判断が難しい。本稿は、まずこれまでの日本における自治体外国人政策とヨーロッパの比較的新しい考え方に基づく移民政策であるインターカルチャー政策とを比較し、その違いについて考察すること、さらに日本の外国人集住都市の1つである愛知県豊橋市をピックアップし、現場に於ける取り組みとの比較により、今後の自治体外国人政策のあり方について考察することを目的としている。結論としては、欧州と日本の政策の比較では日本の政策には外国人自身の文化を保護するという観点の政策が少なかったものの、さらに現場との比較では労働政策が不十分であることから外国人住民がなかなか安定した定住段階に至らないことが問題であり、その解消を目指した上で外国人の文化も重視した政策を展開すべきであると考えられる。

Today 25 years have passed from the year when the population of foreign people started to increase. But recently, the population of foreign people is a little decreasing because of global recession. Today is difficult age to make new immigration policy for future. One of the purpose of this paper is reviewing the policy for foreign people in Japanese local government through the comparing with "Intercutural Policy" in Europe because new viewpoint will be needed for today's local government. Another purpose is reviewing the Japanese local policy through the case study in Toyohashi city because local society’s viewpoint will be needed. From the viewpoint of "Intercultural Policy", Japanese local policy is lacking in foreigners' cultural aspect. From the case study, Japanese local policy is not sufficient about the labor policy. So cooperation with national government will be needed because problems about labor are not only local but also national matter.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan 50(3), 1051-1056, 2015

    The City Planning Institute of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005107785
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0916-0647
  • NDL Article ID
    026827197
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top