日本海上の爆弾低気圧に起因する高波の発達機構 MECHANISMS TO DEVELOP HIGH WAVES INDUCED BY AN EXPLOSIVE CYCLOGENESIS OVER THE JAPAN SEA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

急速な気圧の低下を伴い冬季に特に多く発生する爆弾低気圧は発生頻度,強度ともに増加傾向にあると言われており,近年の冬季の気候を決定する重要なファクターとなっている.2014年12月には日本海上で二つの大きな爆弾低気圧が相次いで発生し,北陸から北海道にかけての日本海側の広い範囲に高波被害をもたらした.本研究では過去36年間の気象再解析データと過去19年間に渡る波浪観測データを基に近年日本周辺における冬季の低気圧が頻発化傾向にあり,それに伴い高波リスクが増大していることを示す.さらに波浪推算結果から2014年12月に発生した爆弾低気圧に伴う高波の発生機構を説明し,本イベントがこれまでの典型的な西高東低の冬型の気圧配置に伴う高波とは全く異なる特徴を有していた事を示す.

 Explosively developing cyclones are becoming one of the important factors affecting winter climate. In recent instances in December 2014, high waves induced by two successive explosive cyclones developed over the Japan Sea hit the wide area along Japanese coasts. In this study, both frequency and duration of explosive winter cyclones as well as wave height during the winter storms are shown to be on an increasing trend for this few years around Japan based on reanalysis and observed data. High waves accompanied by the explosive cyclones in 2014 are found to have completely different features in the wave direction and growth rate from high waves induced by a typical winter monsoon.

収録刊行物

  • 土木学会論文集B2(海岸工学)

    土木学会論文集B2(海岸工学) 71(2), I_1537-I_1542, 2015

    公益社団法人 土木学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005109384
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1884-2399
  • NDL 記事登録ID
    027097625
  • NDL 請求記号
    YH267-236
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ