日本的組織間マネジメント・コントロール研究の課題  [in Japanese] Issues in Japanese Inter-Firm Management Control Research  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,おもに日本企業を対象としたこれまでの研究を基礎として,日本企業の組織間マネジメント・コントロールの特徴を抽出し,これをふまえて今後の研究課題を示すことを目的とする。レビューの結果,本研究は,日本企業の組織間マネジメント・コントロールが,①密接な取引関係,②インターラクティブな協働,③原価情報を含む多様な情報の共有といった特徴を有するものとして,先行研究で記述されてきたことを明らかにした。また,本研究は,組織間マネジメント・コントロールの先行研究やこれに関連する研究をもとに,日本的組織間マネジメント・コントロール研究の今後の課題をいくつか提示した。

The aim of this research is to present the current state and future research opportunity around Japanese inter-firm management control. Through comprehensive literature review, we find that prior research of Japanese inter-firm management control has mainly focused on (1) close relationships, (2) interactive collaborations, and (3) information sharing with partners. Additionally, we point out some future research opportunities in this field based on the relevant research of interfirm management control.

Journal

  • Melco Journal of Management Accounting Research

    Melco Journal of Management Accounting Research 7(2), 3-13, 2015

    The Melco Foundation

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005111783
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12323330
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1882-7225
  • NDL Article ID
    026396398
  • NDL Call No.
    Z71-V915
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top