非行少年にかかわる研究実践と臨床実践のインターフェース  [in Japanese] Improving Interfaces between Research and Practice in Research on Juvenile Delinquency  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

わが国の発達心理学研究と,発達にかかわる臨床実践の双方がよりよい結びつき方になることを模索するために,著者自身が非行少年の更生をテーマとしておこなってきた2つの研究(松嶋,2005, 2012)を素材として紹介しつつ,それらが臨床実践に対してどのように寄与すると考えられるのかについて論じた。非行へのリスク因子として発達障害や被虐待体験に注目したこれまでの諸研究の流れをふまえながら紹介された2研究は,それぞれに共通する特徴として,(1)特別な治療的セッティングではなく,生活をともにすることで営まれている臨床実践であること,(2) 少年の「問題」を自明なものとせず,周囲との関係のなかでいかにそれが見いだされているのかを検討したものであることが挙げられた。これらの研究は,(1)質的研究の方法論をいかして実践を詳述することにより,実践者を疲弊させがちな「問題」状況の相対化をはかれること,(2) 協働性の基盤として機能しえる記述がえられることを寄与として挙げて考察した。

In search of a better relationship between developmental research and clinical practice in recent Japanese judicial/welfare practices, this article presented two research studies were presented as material for discussion, with respect to how they contributed to clinical practice. Both studies focused not on the specific therapeutic setting itself but rather on everyday life as a whole, and stressed the importance of micro-analysis of how the problem was socially constructed. These studies were relevant to clinical practice in that they used qualitative descriptions of the field in which clinical practice is carried out that (1) relativized the seriousness of the situation with troubled youth and (2) offered a basis for recognition of multiagency work.

Journal

  • The Japanese Journal of Developmental Psychology

    The Japanese Journal of Developmental Psychology 24(4), 449-459, 2013

    Japan Society of Developmental Psychology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005114915
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10229548
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0915-9029
  • NDL Article ID
    025109121
  • NDL Call No.
    Z19-3071
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top