タブレット端末を使用した在宅酸素療養患者のセルフマネジメントの有用性について  [in Japanese] Usefulness of tablet-using self-management system on prevention to disease progression in patients with home oxygen therapy  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 田中 弥生 Tanaka Yayoi
    • 駒沢女子大学人間健康学部健康栄養学科|筑波大学体育系 Department of Health and Nutrition Sciences, Faculty of Human Health, Komazawa Women's University|Faculty of Health and Sport Sciences, University of Tsukuba
    • 中澤 優 [他] Nakazawa Yu
    • 駒沢女子大学人間健康学部健康栄養学科 Department of Health and Nutrition Sciences, Faculty of Human Health, Komazawa Women's University
    • 宮川 哲夫 Miyagawa Tetsuo
    • 昭和大学大学院保健医療学研究科 Graduate School of Nursing and Rehabilitation Sciences, Division of Respiratory Care, Showa University

Abstract

【背景】在宅酸素療養患者において,タブレット端末を用いたセルフマネジメントの有用性に関しては未だ明らかではない.<br>【目的・方法】本研究では在宅酸素療養を行っている69人の慢性呼吸器疾患患者を対象とし,タブレット端末を用いたHOT遠隔支援システムのセルフマネジメントの有用性について,90日間の入力記録を用いて,その使用実態の検証を行った.<br>【結果】1日1回入力した人数の推移は1週目69人から13週目で31人と減少した.90日間の入力日数の分布は1~15日間入力した対象患者は27人,85日間以上実施したものは16人であった.使用患者の90日間の導入前後の変化は,歩行数は増加傾向が認められた.90日後のアンケート調査では,タブレット端末の利便性の満足度は25人中21人が満足していた.<br>【結論】タブレット端末の利便性に満足はしているものの,タブレット端末の入力を継続した患者は45%に減少し,医療従事者が介入しないセルフマネジメントを継続することは難しい可能性が示唆された.

Journal

  • The Journal of the Japan Society for Respiratory Care and Rehabilitation

    The Journal of the Japan Society for Respiratory Care and Rehabilitation 25(3), 446-452, 2015

    The Japan Society for Respiratory Care and Rehabilitation

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005123291
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1219409X
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1881-7319
  • NDL Article ID
    027051065
  • NDL Call No.
    Z19-3493
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top