小型巻貝 2 種におけるソデカラッパからの被食回避に及ぼす人工海藻の影響  [in Japanese] Effects of artificial seaweed on vulnerability of two gastropod species (<i>Cerithium zonatum</i> and <i>Clypeomorus bifasciata</i>) to carnivorous crab <i>Calappa hepatica</i>  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 山田 秀秋 YAMADA HIDEAKI
    • (国研)水産総合研究センター東北区水産研究所 Tohoku National Fisheries Research Institute, Fisheries Research Agency
    • 早川 淳 HAYAKAWA JUN
    • 東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター International Coastal Research Center, Atmosphere and Ocean Research Institute, The University of Tokyo
    • 中本 健太 [他] NAKAMOTO KENTA
    • 東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター International Coastal Research Center, Atmosphere and Ocean Research Institute, The University of Tokyo
    • 河村 知彦 KAWAMURA TOMOHIKO
    • 東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター International Coastal Research Center, Atmosphere and Ocean Research Institute, The University of Tokyo
    • 今 孝悦 KON KOETSU
    • 筑波大学下田臨海実験センター Shimoda Marine Research Center, University of Tsukuba

Abstract

巻貝に対する肉食性カニ類ソデカラッパの捕食圧が,小型海藻を模した人工海藻の存在によって軽減されるかどうかを飼育実験によって調べた。巻貝として,微細な生息環境が異なるオニツノガイ科の 2 種を用いた。小型海藻葉上に生息するヒメクワノミカニモリでは,人工海藻内に潜り込むことで被食が軽減された。転石帯に生息するカヤノミカニモリでは,人工海藻下の水槽底面上に隠れる行動を示したが,人工海藻に被食軽減効果は認められなかった。人工海藻の被食軽減効果は,2 種の巻貝の行動様式によって大きく異なることが明らかとなった。

Journal

  • NIPPON SUISAN GAKKAISHI

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 82(1), 33-35, 2016

    The Japanese Society of Fisheries Science

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005124520
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00193422
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0021-5392
  • NDL Article ID
    027081244
  • NDL Call No.
    Z18-345
  • Data Source
    NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top