絵本の読み聞かせ時の演じ分けが子どもの物語理解と物語の印象に与える影響 Effects of the Reading Picture Books by Exaggerated Performance on Young Children's Story Comprehension and Impression of the Story

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森 円花 MORI Madoka
    • 筑波大学 情報学群 知識情報・図書館学類 College of Knowledge and Library Sciences, School of Informatics, University of Tsukuba
    • 宇陀 則彦 UDA Norihiko
    • 筑波大学 図書館情報メディア系 Faculty of Library, Information and Media Science, University of Tsukuba

抄録

絵本の読み聞かせを効果的に行うための読み方の1つとして,登場人物の演じ分けが子どもに与える影響について検討した.具体的には,物語理解と物語の印象の2つの側面における子どもへの影響を実験的に明らかにすることを目的とした. 5,6歳児23名に対して,登場人物を大げさに演じ分けて読み聞かせる演じ分け群と演じ分けをしない統制群の2グループに分けて,物語理解度を測るテスト,物語の印象を聞く質問を行った.実験の結果,演じ分けによって物語理解には影響がなかった.ただし,登場人物の心情を問う項目については,統制群の方が高いという傾向が示された.また,物語の印象では,演じ分け群の方が印象が偏る傾向がみられた.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 39(Suppl), 125-128, 2016

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005125928
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    027087344
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ