海洋産抗腫瘍性物質アプリロニンAの作用機序 The Mode of Action of Antitumor Marine Macrolide Aplyronine A

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

アプリロニンA(ApA)は強力な抗腫瘍活性を示す海洋産マクロリドである.ApAはモノマーのG-アクチンと1 : 1の複合体を形成し,重合したF-アクチンを脱重合させる.しかしApAは細胞内のアクチン骨格に作用するよりも1,000倍以上低い濃度で細胞毒性を示すことから,アクチン以外の第二の標的分子の存在が予想されていた.われわれはApAの分子プローブを合成し,標的分子の同定と相互作用解析を行った.その結果,本化合物が2つの細胞骨格タンパク質,アクチンとチューブリン間の相互作用を誘導することで微小管ダイナミクスを阻害するという,ユニークな作用を示すことを見いだした.

収録刊行物

  • 化学と生物

    化学と生物 53(3), 164-170, 2015

    公益社団法人 日本農芸化学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005126424
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037573
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0453-073X
  • NDL 記事登録ID
    026221961
  • NDL 請求記号
    Z18-26
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ