学校体育における教育学的ケアリングの地平  [in Japanese] Perspective of Educational Caring in physical education  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究ではポストモダン社会での学校体育における教育学的ケアリングの地平を明らかにすることを目的としている。<br>近年,ケアを希求する子どもが増加の一途であるが,現在進行している学校改革はディシプリン準拠型のカリキュラムであり,むしろケアの視点を削いでいる。それは,産業社会時代の 「発達としての教育」 の再燃だといえるが,ポストモダン社会では 「生成としての教育」 を実践する学校が求められているのである。<br>ケアの先駆者であるノディングズとメイヤロフのケア/ケアリングを再検討した結果,多様な他者と 「差異中の同一性」 によるかかわりあいが希求されており,その関係こそが教育学的ケアリングであることが明らかとなった。それらの考察をもとに,ポストモダン社会における体育については次のような考察がなされた。<br>「いま-ここ」 に生成されるスポーツ/運動世界に没頭し,意味生成を誘発する授業デザインが必要となる。 そのような 「生成としての教育」 に依拠する学校体育と教育学的ケアリングは関連が高いと考えられる。<br>すべての子どもがスポーツ/運動世界に没頭できるようにするためには,モノ自体にケアのメッセージを込めることが肝要である。加えて,他者である教師やクラスメイトによる心を砕いた専心的なケアをすることが重要となる。また,他者の 「憧れに憧れること」 もまたケアリングにおいて重要である。学校体育における教育学的ケアリングの地平は,自己と他者とスポーツ/運動世界との三位一体のやわらかな関係構築のプロセスそのものである。

The purpose of this paper is to examine the perspective of Educational Caring in physical education in post-modern society. <br>Though the needs of caring for children have been increased more and more, the discipline-based curriculum in the recent educational reform has hindered the caring perspective. It is revival of "Education as Development" in industrial society. <br>The school that practices "Education as Generation" is expected in post-modern society. <br>The result of having re-examine the Noddings's and Mayeroff's theory of Care/Caring, In construction of the relation with "the other", "Identity-in-Difference" becomes indispensable. The relationship of "Identity-in Difference" is just Educational Caring. On the basis of the above consideration, the considerations about the physical education in post-modern society in described below. <br>It is devoted to the "sport-movements world" generated "Now-Here=In-place", the learning design which induces semantic generation is needed. It became clear that physical education which is based on such "Education as Generation" is related to "Educational Caring". <br>In order to be engrossed passionately interested in "sport/physical-activity world" to all children, it is important to utilize tools with the message of Care. Further, it is important to Caring as "Characterized by Engrossment" by "the others", such as a teacher and classmates. Furthermore, it was important "to yearn into yearning of the others" in educational caring. The Educational Caring perspective in physical education is the process of related construction of the Trinity of "self", "the others" and "sport/physical-activity world".

Journal

  • Research Journal of JAPEW

    Research Journal of JAPEW 31(0), 1-17, 2015

    Japan Association of Physical Education for Women

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005130557
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1882-0980
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top