岩手県における津波被災農地再生の現状と課題  [in Japanese] Situations and Issues of Reproduction of Tsunami Struck Farmland in Iwate Prefecture  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

東日本大震災の津波により,青森県から千葉県の間で21,480haにおよぶ農地が被災した。岩手県においても725haの農地が津波により被災した。これらの農地は,県営災害復旧事業による原型復旧だけではなく,復興交付金事業を活用した「併せ行う圃場整備」により,農地としての再生が図られてきた。「併せ行う圃場整備」は,被災した農地だけでなく,未被災農地も一体で整備を実施し,生産性・収益性の高い農業を目指すものである。「併せ行う圃場整備」は5地区9工区で計311haが実施され,すでに営農が再開されている地区も多い。本稿では,岩手県沿岸における津波被災農地再生の代表事例である陸前高田市小友地区と,それに隣接する広田地区の事例を通して,農地(水田)再生の現状と今後の課題を明らかにすることを目的とする。

Journal

  • JOURNAL OF RURAL PLANNING ASSOCIATION

    JOURNAL OF RURAL PLANNING ASSOCIATION 33(4), 437-440, 2015

    THE ASSOCIATION OF RURAL PLANNING

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005141859
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00386889
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0912-9731
  • NDL Article ID
    026263765
  • NDL Call No.
    Z18-1918
  • Data Source
    NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top