2014年8月20日の広島豪雨災害における雨量を用いた土砂災害危険度評価に関する考察 Considerations on hazard prediction method with rainfall index in the case of 2014 Hiroshima landslide disaster

この論文にアクセスする

著者

抄録

2014年8月20日に発生した広島土砂災害では,107か所の土石流と59か所のがけ崩れが同時多発的に発生し死者75名,負傷者44名,全壊家屋133棟,半壊家屋122棟という甚大な被害が発生した。本災害は急激な気象の変化により線状降水帯が形成されて,特定の範囲に時間80mmを超える猛烈な雨が突然降り出して2時間以上継続することにより発生した。本報告は雨量を用いた土砂災害の危険度評価手法が本災害をもたらした雨量についてどのように適用されたかを検討し,今後改善すべき点について考察を行った。

On 20th August, 2014, a series of slope failures and debris flows occurred around city of Hiroshima, Japan. The debris flows took place at 107 valleys and slope failures occurred at almost 59 locations between 3 am to 4 am., costing 74 lives and left 44 injured. This calamity was caused by the 2 hours and more continuing torrential rainfall of more than 80 mm/h intensity, which took place under the squall line formed by a sudden weather change. In this report, the considerations were made on how the present hazard prediction methods with the rainfall index were applied and worked in this disaster. The points to be improved were discussed.

収録刊行物

  • 地盤工学ジャーナル

    地盤工学ジャーナル 11(1), 53-68, 2016

    公益社団法人 地盤工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005142383
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ