非ステロイド性抗炎症外用薬の皮膚バリア機能へおよぼす影響に関する検討 Impact on Skin Barrier of Continuous Application of Topical Tapes Containing Non-steroidal Anti-inflammatory Drugs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

非ステロイド性抗炎症薬含有テープ剤などの貼付剤は皮膚と密着し,主剤の皮膚への浸透性を高めて効果を発揮するが,各種成分へのアレルギー感作が成立し,アレルギー性接触皮膚炎や光アレルギー性接触皮膚炎が生じうる。貼付により皮膚バリア機能が低下すると,アレルゲンの皮膚内への浸透性が高まり,感作がより生じやすくなる。しかしながら,貼付剤による皮膚バリア機能におよぼす影響はほとんど評価されていない。20歳以上の本研究に同意が得られた健常人ボランティア20例を対象にロキソプロフェンナトリウム水和物貼付剤とケトプロフェン2%貼付剤を7日間連続貼付し,貼付終了直後および貼付終了7日後における皮膚バリア機能に及ぼす影響を検討した。評価項目として経皮水分蒸散量(TEWL: transepidermal water loss)と角質水分量(capacitance)を測定した。角質水分量に貼付剤間の差は認められなかった。ケトプロフェン2%貼付剤群では,貼付終了直後と貼付終了7日後の経皮水分蒸散量が優位に高値を示した。テープ剤の各種成分の選択と構成比の最適化を図り,皮膚バリア機能が低下しない,もしくは低下しにくい貼付剤の開発と普及が望まれる。(皮膚の科学,14: 403-410, 2015)

Topical tapes containing non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) promote penetration of effective ingredients into the skin by tight attachment. However, allergic and photoallergic sensitization to various components may be occasionally induced. It is well known that damage of the skin barrier promotes penetration of allergens and photoallergens into the skin. Damage of the skin barrier by topical tapes has been little studied. We evaluated transepidermal water loss (TEWL) and capacitance before and after continuous application of loxoprofen sodium hydrate tape and 2% ketoprofen tape for 7 continuous days. Significant increase of TEWL was observed at the skin applied with 2% ketoprofen tape. Our results suggest the need to further investigate the damage of the skin barrier by topical tapes containing NSAIDs to prevent or decrease allergic and photoallergic dermatitis.Skin Research, 14: 403-410, 2015

収録刊行物

  • 皮膚の科学

    皮膚の科学 14(6), 403-410, 2015

    日本皮膚科学会大阪地方会・日本皮膚科学会京滋地方会

各種コード

ページトップへ