伊豆半島の鮮新統白浜層群から ムカシサザエの産出 <i>Turbo</i> (<i>Batillus</i>) <i>priscus</i> Ozawa & Tomida, 1996 (Gastropoda: Turbinidae) <i></i> from the Pliocene Shirahama Group of the Izu Peninsula, central Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

静岡県賀茂郡河津町今井浜に分布する下部鮮新統中部白浜層群原田層からサザエ類の化石が多数産出した。今井浜産サザエ類化石は現生種サザエ<i>Turbo</i> (<i>Batillus</i>) <i>cornutus</i> [Lightfoot] に似るが,比較的低い螺塔と蓋の形態の違いからムカシサザエ<i>T.</i> (<i>B.</i>) <i>priscus</i> Ozawa & Tomidaに同定される。この種は後期中新世~前期鮮新世に本州中部~九州の太平洋沿岸から南西諸島にかけて繁栄した逗子動物群に伴われることが知られる。今井浜の白浜層群原田層産の貝類群集は本種に加え,<i>Scutellastra yajimai</i> Kase<i>, Bolma tamikoae</i>(Shikama)<i>, Okinawastraea nakamineae</i> Habe & Okutani<i>, Comptopallium tayamai</i>(Nomura & Niino)などの熱帯・亜熱帯棲種を含む。また,<i>Chlorostoma narusei</i> Shibata<i>, Turbo</i> (<i>Batillus</i>) <i>priscus</i> Ozawa & Tomida<i>, Astraea omorii</i> Shibata<i>, Chlamys miurensis</i>(Yokoyama)などの逗子動物群の特徴種と,<i>Chlamys shirahamensis</i>(Nomura & Niino)<i>, Decatopecten izuensis</i>(Nomura & Niino)<i>, Comptopallium tayamai</i>(Nomura & Niino)などの白浜動物群の特徴種が共産している。後期中新世~前期鮮新世にかけて,<i>T.</i> (<i>B.</i>) <i>priscus</i>を初めとする逗子動物群の要素と伊豆半島に固有な白浜動物群の要素が今井浜で共産することは,当時の伊豆半島のフィリピン海プレート上の位置を考慮すると,熱帯・亜熱帯性の海洋生物の分布拡大経路を議論する上で重要な知見といえる。

収録刊行物

  • Venus (Journal of the Malacological Society of Japan)

    Venus (Journal of the Malacological Society of Japan) 74(1-2), 45-50, 2016

    日本貝類学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005145559
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11565254
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1348-2955
  • NDL 記事登録ID
    027278070
  • NDL 請求記号
    Z18-27
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ