インフォマティクス技術を用いた完全基底関数極限における電子相関エネルギーの評価 Estimation of complete basis set limit in electron correlation energy utilizing informatics technique

この論文にアクセスする

著者

    • 大越 昌樹 Okoshi Masaki
    • 早稲田大学 理工学研究所|京都大学 ESICB Research Institute for Science and Engineering, Waseda University|Kyodai ESICB
    • 中井 浩巳 Nakai Hiromi
    • 早稲田大学 理工学研究所|早稲田大学 先進理工学研究科 化学・生命科学専攻|JST-CREST|京都大学 ESICB Research Institute for Science and Engineering, Waseda University|Department of Chemistry and Biochemistry, School of Advanced Science and Engineering, Waseda University|JST-CREST|Kyodai ESICB

抄録

完全基底関数極限における高精度な電子相関を含んだ電子相関エネルギーを高効率に算出することは化学的精度(1 kcal/mol以内)での量子化学計算を実現するために重要である。これまで種々の電子相関エネルギーの完全基底関数極限への外挿手法や、幾つかの計算レベル・基底関数でのエネルギーを組み合わせた複合法が提案されてきた。本研究では情報学手法を用いてより効率的に、完全基底関数極限におけるCCSD(T)レベルの電子相関エネルギーを算出する手法を提案する。

To realize quantum-chemical calculations with chemical accuracy (> 1 kcal/mol), efficient estimations of accurate electron correlation energies in a complete basis set (CBS) limit are important. Several extrapolation schemes to CBS limit, and composite schemes in combination with energies calculated with some levels of theories and basis sets have been proposed. This study proposes efficient estimation schemes of electron correlation energies in a CBS limit at the CCSD(T) level utilizing informatics technique.

収録刊行物

  • ケモインフォマティクス討論会予稿集

    ケモインフォマティクス討論会予稿集 2015(0), 24-25, 2015

    公益社団法人 日本化学会・情報化学部会

各種コード

ページトップへ