芥川賞・直木賞受賞が余命に与える影響:プログレス・レポート  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 佐々木 周作
    • 大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程|日本学術振興会
    • 明坂 弥香
    • 大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程|日本学術振興会
    • 黒川 博文
    • 大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程|日本学術振興会

Abstract

社会的地位の上昇は長寿や健康を促進するだろうか.両者の相関関係はよく知られているが,前者から後者への因果効果を検証することは難しい.本研究では,日本で最も権威ある文学賞として知られる芥川賞と直木賞のデータを使用して,因果効果の有無・方向性・程度を分析した.具体的には,受賞者と非受賞候補者の同質性が高いと考え,受賞による社会的地位の上昇が余命にどのような影響を及ぼすかを検証した.純文学の新人賞である芥川賞では,初回候補時点から30年を経過するまでの受賞者の死亡確率は,候補者よりも67.5%程低い.予測値から算出した受賞者の平均余命は,候補者よりも3.3年程長い.一方,大衆小説作品の賞で中堅作家を主な対象とする直木賞では受賞者の死亡確率は35.4%程高く,平均余命も3.3年程短い.これらの結果は,受賞には平均余命の延命効果と短縮効果の両方が存在すること,社会経済的基盤の不安定な時には延命効果が相対的に大きいが,安定後には短縮効果の方が大きくなるという可能性を示唆している.

Journal

  • Journal of Behavioral Economics and Finance

    Journal of Behavioral Economics and Finance 8(0), 100-105, 2015

    Association of Behavioral Economics and Finance

Codes

Page Top