プレミアム商品券の経済行動:購入判断に対する社会経済的要因に着目して  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

プレミアム商品券とは一定分のプレミアム率に応じた金額を上乗せした商品券である.本研究においては2014年度の緊急経済対策による地方交付金の活用方法として採用されたプレミアム商品券政策に関連して,インターネット調査を実施し,社会経済的属性に着目して,プレミアム商品券政策に関する経済行動の特徴について検討した.その結果,低収入世帯ほど,プレミアム商品券を購入していないこと,高収入世帯ほどプレミアム商品券に期待する「最低希望プレミアム率」が低いことなどが明らかとなった.<br>特に,購入者に比べて,非購入者および購入未定者の最低希望プレミアム率が高いことが示されており,非購入者は販売されたプレミアム商品券のプレミアム率が自身の望むプレミアム率を満たさなかったためにプレミアム商品券を購入しなかった可能性が示唆される.

Journal

  • Journal of Behavioral Economics and Finance

    Journal of Behavioral Economics and Finance 8(0), 86-89, 2015

    Association of Behavioral Economics and Finance

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005150619
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top