中等度~重度障害の外傷性脳損傷に対する認知リハビリテーション  [in Japanese] Cognitive Rehabilitation for Individuals with Moderate or Severe Traumatic Brain Injury  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

外傷性脳損傷(traumatic brain injury,以下TBI)はび漫性軸索損傷を伴う場合,回復期以降に症状が深刻化する傾向があり,認知リハビリテーション(以下,リハ)の介入が重要である.Ciceroneらは,認知リハに関する論文を総括し,有効な介入のエビデンスを3段階に分けて示し,中等度~重度障害のTBIに対して,メタ認知訓練,外的補助手段の利用,実践的なコミュニケーション技術の習得,自己モニタ法,全人的包括的アプローチを,最も高い推奨レベルとした.エビデンスが検証されたこれらの介入のエッセンスを捉え,実際の臨床の場で応用・工夫を加えていくことが,リハ担当者には求められる.

Journal

  • The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 53(4), 292-297, 2016

    The Japanese Association of Rehabilitation Medicine

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005152504
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00250275
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1881-3526
  • NDL Article ID
    027320593
  • NDL Call No.
    Z19-283
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top