固定ノードを有するモバイル振動子ネットワークのシミュレーションによる検討 A simulation study of a mobile oscillator network with fixed nodes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,テンポラルネットワークの一種として,素子が移動しながらネットワークの構造を変化させるモバイル振動子ネットワークが,移動体通信などへの応用可能性から注目されている.そこで本稿では,モバイル振動子ネットワークにおいて,ネットワーク全体が同期するまでの時間に対する固定ノードを導入した際の影響を調べる.シミュレーションによる検討の結果,全ノード中のある一定割合のノードが固定されているときに同期にかかる時間が最も短くなることが分かった.さらに,同期時間の固定ノード数への依存性を調べるための理論解析を行った.

A mobile oscillator network, which is a kind of temporal networks, is of interest due to a variety of its applications such as mobile communication. In this study, we investigate the time required for synchronization of all the nodes in a mobile oscillator network, especially regarding effects of fixed nodes on the synchronization time. According to our simulation, there exists an optimal ratio of the number of fixed nodes to that of mobile ones in order to reduce the synchronization time. Furthermore, we analytically estimate the synchronization time with respect to the number of fixed nodes.

収録刊行物

  • 生産研究

    生産研究 68(3), 247-250, 2016

    東京大学生産技術研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005153102
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00127075
  • 本文言語コード
    ENG
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0037-105X
  • NDL 記事登録ID
    027482222
  • NDL 請求記号
    Z14-198
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ