道路利用における直接効果と間接効果の計測 The Measurement of the Direct and Indirect Effects in Road Use

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

線形回帰モデルにおける説明変数の被説明変数に対する限界的な効果は対応する回帰パラメータそのものであるため直感的で扱いやすい.しかしながら,空間計量経済モデルにおいては,他地域の影響が入ってくるため線形回帰モデルのように限界的な効果を容易に扱うことができない.本稿ではLeSage and Pace (2009)によって提案された説明変数の被説明変数に対する限界的な効果を自地域における直接効果と他地域からの間接効果に分解する方法を解説し,日本の道路利用についての応用例を示す.

In the linear regression model, as the marginal effect with respect to the independent variable is the estimated parameter itself, it is intuitive and tractable. However, in the spatial econometric model, as the marginal effect with respect to the independent variable depends on the other regions' variables, it is difficult to facilitate it. In this paper, we explain the method proposed by LeSage and Pace (2009) to decompose the marginal effect into direct effect, which arises from the own region, and indirect effect, which arises from the other regions, and introduce the application to the road data in Japan.

収録刊行物

  • 日本統計学会誌

    日本統計学会誌 45(1), 59-68, 2015

    一般社団法人 日本統計学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005153221
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11989749
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0389-5602
  • NDL 記事登録ID
    026806624
  • NDL 請求記号
    Z3-1003
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ