睡眠医学は睡眠時ブラキシズムの診断・治療に必要か?  [in Japanese] What can we learn about sleep bruxism from sleep medicine?  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 加藤 隆史 Kato Takafumi
    • <sup> </sup>大阪大学大学院歯学研究科口腔解剖学第二教室|<sup> </sup>大阪大学医学部附属病院睡眠医療センター Osaka University Graduate School of Dentistry Department of Oral Anatomy and Neurobiology|Osaka University Hospital Sleep Medicine Center
    • 原木 真吾 Haraki Shingo
    • <sup> </sup>大阪大学大学院歯学研究科クラウンブリッジ補綴学教室 Osaka University Graduate School of Dentistry Department of Fixed Prosthodontics
    • 辻阪 亮子 Tsujisaka Akiko
    • <sup> </sup>大阪大学大学院歯学研究科クラウンブリッジ補綴学教室 Osaka University Graduate School of Dentistry Department of Fixed Prosthodontics
    • 東山 亮 Higashiyama Makoto
    • <sup> </sup>大阪大学大学院歯学研究科口腔解剖学第二教室|<sup> </sup>大阪大学大学院歯学研究科クラウンブリッジ補綴学教室 Osaka University Graduate School of Dentistry Department of Oral Anatomy and Neurobiology|Osaka University Graduate School of Dentistry Department of Fixed Prosthodontics
    • 矢谷 博文 Yatani Hirofumi
    • <sup> </sup>大阪大学大学院歯学研究科クラウンブリッジ補綴学教室 Osaka University Graduate School of Dentistry Department of Fixed Prosthodontics

Abstract

睡眠時ブラキシズムは歯科医療の中でも特に関心が高い睡眠関連疾患の一つである.睡眠時ブラキシズムの研究が進むにつれ,歯科医学的な常識だけでSBの診断や臨床の正当性を説明することができない様々な実態が明らかとなってきた.したがって,睡眠時ブラキシズムの診断や治療の新しい展開を切り開くためには,歯科臨床問題中心型の診断や治療だけでなく,病態生理学的な側面を勘案した医学的な診断・治療論理が求められると考えられる.本稿では,睡眠医学領域の視点を踏まえた診断の重要性を提案し概説する.

Journal

  • Annals of Japan Prosthodontic Society

    Annals of Japan Prosthodontic Society 8(2), 145-152, 2016

    Japan Prosthodontic Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005153766
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12374568
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1883-4426
  • NDL Article ID
    027307152
  • NDL Call No.
    Z74-G218
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top