機能性表示食品におけるルテインとゼアキサンチンの科学的根拠

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2015年4月からスタートした機能性表示食品の中で機能性成分としてルテインとゼアキサンチンがあるが、消費者の認知はまだそれほど高くない。表示例としては「ルテイン、ゼアキサンチンには眼の黄斑色素量を維持する働きがあり、コントラスト感度の改善やブルーライトなどの光刺激からの保護により、眼の調子を整えることが報告されています」というのがある。表示の科学的根拠は何か又安全性はどうかということについて紹介したい。

収録刊行物

  • ファルマシア

    ファルマシア 52(6), 534-538, 2016

    公益社団法人 日本薬学会

各種コード

ページトップへ