ラサウミウシのマイクロサテライトマーカーの開発 Isolation and Characterization of Microsatellite Markers in the Nudibranch <i>Chromodoris tinctoria</i>

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

同時的雌雄同体であるサラサウミウシにおいて8遺伝子座のマイクロサテライトマーカーを開発した。これらのマーカーでは,一遺伝子座あたりの対立遺伝子数は1から30,平均が15と高い多型性が認められた。多型性を示す7遺伝子座のマーカーヘテロ接合度の実測値と予測値は,それぞれ0.409から0.905,0.518から0.960の範囲であった。以上,サラサウミウシの親子判定に使用可能と考えられる多様性の高いマイクロサテライトマーカーを特定した。

収録刊行物

  • Venus (Journal of the Malacological Society of Japan)

    Venus (Journal of the Malacological Society of Japan) 69(3-4), 214-217, 2011

    日本貝類学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005155495
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11565254
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1348-2955
  • NDL 記事登録ID
    11164148
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-27
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ