日本における家族農業経営の変容と展望  [in Japanese] Transitions and Prospects for Japanese Family Farms  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

戦後の国内の家族経営は,農地の所有者が経営者かつ労働者とする「家族労作的な農業経営」を基本として展開した。特に,農地法下においては,自作農的家族農業経営が「理念型」ないし「原型」とされてきた。戦後の高度経済成長期を通じて,家族農業経営は,兼業農家の増加,大規模借地経営の出現などにより多様化し,所有,労働,経営が一体的な経営は減少した。だが,農産物販売金額が大きい家族経営においては,所有,労働,経営が一体的な家族協業的性格を多分に残している。2010年農林業センサスによると,農産物販売金額1,000万円以上の販売農家のうち,家族経営構成員(農業従事日数が30日以上の世帯員)が二世代,及び三世代で構成される重世代家族経営は,販売農家数の70%,農業経営体数(総数)の62%を占める。販売金額が大きい経営においては,複数世代による世帯員を労働力の主体とする家族経営が多くを占めている。日本国内の家族経営の変化については,2012年のシンポジウムにおいて,岩元が内部要因と外部要因に分けて整理を行っている。中でも今日的な問題は,規模拡大が一層進む中で農業の担い手として家族経営が対応可能なのかという点である。この問題は,大農小農論争をはじめとして,古くから多くの研究が行われてきた問題であり,カウツキーをはじめ,棚橋,阪本,新山等,数多くの分析が行われている。特に2000年以降,以下の二つの点から家族経営は大きな転換点を迎えている。一つは家族の問題である。同居後継者の流出,さらに少子化により,家の継承自体が困難な経営が増加している。もう一つは,経営規模の拡大である。農産物価格の下落,新技術の導入などに伴い「家族を養えることができる経営の下限も,家族で耕作することができる規模の上限も拡大」している。政策においても一層の規模拡大に向けた構造政策が進められる中で,規模拡大している家族経営の特徴を捉えることが必要になっている。本稿では,その足がかりとして,農林業センサス(以下,センサスとする)をもとに,専業的家族経営を中心に家族経営の現段階の特徴と展望について考察する。

This paper aims to consider the problems of the full-time farming family. I analyze recent farming family changes by using micro data from the Agriculture and Forestry census results for 2005 and 2010. For the analysis, I focus on family farms with farm products sale of more than 15 million yen. The main findings of this study are as follows:<br>1) Many family farming managers were born during the so-called "baby-boom generation" between 1947 and 1950. People born after 1950 worked in industries other than agriculture due to the high economic growth after the war. As a result, the number of family farming managers is bolstered by the generation born between 1947 and 1950.<br>2) It is difficult to transfer the farm business to the next generation. By 2010, everyone in the "baby-boom generation" has passed the age of 59. Many of these family farm managers have a hard time transitioning the farm business to the next generation.<br>3) While the numbers of family farms decreased, the average size of the family farm has increased between 2005 and 2010. Family farms are expanding their employment.<br>4) Farm management that has extended its scale tends to work on affiliated businesses such as direct marketing and farm products processing.<br>These results suggest that it has become difficult to expand the scale of full-time farm family. As a measure, the role of a company corporation to compliment the family farm may become important in the future.

Journal

  • Japanese Journal of Farm Management

    Japanese Journal of Farm Management 51(4), 8-20, 2014

    The Farm Management Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005155979
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00200823
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0388-8541
  • NDL Article ID
    025367771
  • NDL Call No.
    Z18-1079
  • Data Source
    NDL  IR  J-STAGE 
Page Top