階層帰属意識における調査員効果について:個別面接法と郵送法の比較から The Impact of Interviewers on Subjective Status Identification::A Comparison of Face-to-Face Interviewing and Mail Survey

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

階層帰属意識の分布は, 自記式に比べ他記式の調査でより高くなることが報告されているが, その要因については, これまで厳密に検証されてきたわけではなかった. この理由としては, モード間の傾向差のなかに混在するさまざまな要因を弁別できるようなデータセットがなかったことが大きい. 本稿は, 個別面接法と郵送法という異なる調査モードで実施されているが, 同じ階層帰属意識項目をもち, 同一年に実施された2つの調査データを比較することで, 調査モードが階層帰属意識にどのような影響を与えているか検証するものである. 分析の結果, 回答者の属性をコントロールしても, 個別面接法において階層帰属意識を高く回答する傾向が見られ, 調査モードの違いが, 何らかの測定誤差を生み出していることが示唆された. 続いて, 確認された傾向差が, 調査員の存在に由来するものかどうか, そうであれば階層帰属意識を答える際に働くバイアスとはどのようなものなのかを検討した. その結果, 男性サンプルでは中位に, 女性サンプルではより高く偏る傾向が観察された. これらの結果は, どのような階層的位置が「社会的に望ましい」, もしくは調査員に対して抵抗なく回答できるのかという, 価値規範の側面が, 所属階層を測定する際に無視できないことを示すものである.

In this paper, I demonstrate that the mode of data collection affects the response to questions about "subjective status identification" by comparing two surveys that were conducted in the same year, with the same questions about "subjective status identification," but with different modes of data collection. The result shows that the paper and pencil interview (PAPI) respondents expressed higher subjective status identification than mail survey respondents after controlling for sex, age, and socioeconomic status. This outcome suggests that the difference between the two modes of data collection, especially the presence of interviewers, causes measurement errors.<br>Next, I examine whether the difference obtained above is affected by the presence of interviewers, and, if so, what kind of responses to the questions about subjective status identification are socially desirable or meant to show politeness to the interviewers. It is observed that the tendency to answer "medium" is socially desirable or considered to be polite in male samples, and the same is true of "more highly" in female samples. These results mean that the responses to questions about subjective status identification are biased toward being higher in face-to-face interviews and affected by the impact of the interviewers' presence.

収録刊行物

  • 社会学評論

    社会学評論 66(1), 19-38, 2015

    日本社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005160201
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00109823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0021-5414
  • NDL 記事登録ID
    026600786
  • NDL 請求記号
    Z6-265
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ