回収過程に着目した自治体による廃食用油BDF 事業の地域間比較 Interregional Comparisons of BDF Projects with Used Cooking Oil Promoted by Some Municipalities Focusing on their Collecting Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

回収体制にそれぞれ特色を持つ3自治体を取り上げ,地域を横断した比較・検討を行うことにより,自治体による廃食用油BDF 事業の回収実態と今後の展望について明らかにした。その結果,3 自治体にかかる事業負担の大きさと,家庭系廃食用油の回収率と回収率に最も影響を及ぼす条件を導出することができた。また,3 自治体において,回収拠点を1 拠点増やした場合(1,000 世帯当たりに対して)のベネフィットとコストの比較と考察を行った。

The situation with collection of used cooking oil for production of BDF was investigated by through cross-regional comparison and examination of three municipalities with various collecting methods. These investigations found the project costs and the "collecting rates" of each municipality, and elucidated factors that have the most impact on the "collecting rates". In addition, benefit/cost analysis was carried out for hypothetical addition of one extra collecting base for th used cooking oil in each of the municipality.

収録刊行物

  • 環境情報科学論文集

    環境情報科学論文集 ceis25(0), 37-42, 2011

    一般社団法人 環境情報科学センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005162493
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10544669
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0389-6633
  • NDL 記事登録ID
    023440647
  • NDL 請求記号
    Z74-E100
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ