環境マーケティングの事例整理のための試論 How to understand Cases of Green Marketing

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

多様な企業の環境配慮活動を,その経営的持統性を考慮し,環境マーケティングとして分類することを試みた。「企業の環境影響に対する市場の関心度」と「環境を軸とした差別化の可能性」から,環境マーケティングの目標を4つに分類した。これに従い,日本の企業の環境配慮行動の先進的事例を分類した結果,その多くが規範的範囲内で行われているものであり,次に,革新的な環境配慮型製品やサービスの提供で差別化を図っている事例が多かった。こうした中で,企業理念と整合的な活動を行い,環境ブランドとしての地位を築いている企業も少ないながら存在した。また,各タイプによって,とられるコミュニケーション手法が明確に異なっていた。

Considering of the impacts of pro-environlnental behaviors adopted by corporate business on corporate sustainable management, we have determined a variety of pro-environmental behaviors adopted by corporate business as green marketing endeavors and attempted to categorize them. We have identified four aims of green marketing according to substantiality of green market segments and differentiability on greenness. Most cases of progressive green marketing in Japan show normative pro-environmental behaviors. These are followed by cases that are differentiated by their supply of innovative eco-friendly goods and services. However, a few pro-environment corporate businesses behaved in a manner consistent with their corporate philosophy and established themselves as green brands. The communication methods of corporate businesses differed according to their purposes of green marketing.

収録刊行物

  • 環境情報科学論文集

    環境情報科学論文集 ceis25(0), 107-112, 2011

    一般社団法人 環境情報科学センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005162562
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10544669
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0389-6633
  • NDL 記事登録ID
    023440721
  • NDL 請求記号
    Z74-E100
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ