PET ボトル収集量の規定要因に関する定量分析:-大阪府市町村の悉皆調査に基づいて Empirical analysis of the factors determining the amount of PET bottles collected:: Based on the investigation of all municipalities in Osaka Prefecture.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

PET ボトルの家庭からの排出量が増加する中,多くの市町村がPET ボトルの収集作業を負担している。一般的に市町村による収集方法は,拠点収集と定期収集に分けられ,定期収集はさらにステーションと家前に分けられる。本研究では,大阪府全市町村への聞き取り調査を実施し,PET ボトルの収集方法と収集量の概況を明らかにし,市民一人当たり収集量を規定する要因を定量的に分析した。その結果,消費者の排出負担に影響を与える収集方法の違いが,収集量に強く影響しており,収集量を増加させるには,定期収集が,さらに家前収集が効果的であることが示唆された。この結果を踏まえ,容リ法における費用負担の改善について検討を行った。

There has been an increase in household-discharged PET bottles. PET bottles are collected by the municipalities at base-points or a lot of small stations near the households, and recently sometimes, in front of the house. A hearing investigation to all municipalities in Osaka Prefecture, and an empirical analysis on collected amount of the PET bottles and the collecting method of each municipality, undertaken. The findings show that municipalities can collect more PET bottles at stations than at base-points. This suggests that at base-point needs more discharging work for the consumers. In order to increase the quantity of collection, it is necessary for municipalities to collect at stations, or in front of the house, however this would require more expense burden for them. Based on this result, the improvement of the expense burden in the recycling law was examined.

収録刊行物

  • 環境情報科学論文集

    環境情報科学論文集 ceis27(0), 151-156, 2013

    一般社団法人 環境情報科学センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005162652
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0389-6633
  • NDL 記事登録ID
    025053927
  • NDL 請求記号
    Z74-E100
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ