<b>地域森林資源活用団体の活動内容と意識の構造的把握 </b>:-滋賀県高島市の森林資源活用事例を対象に Structural Understanding of Consciousness and Activities of Local Forest Resources Use Groups:: Forest Resources Case Study of Takashima, Shiga Prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地域活性化やまちづくりにおいては,地域資源を有効に活用するために,地域住民と地域資源のこれまでのかかわりを把握する必要がある。本研究では,滋賀県高島市を対象に,森林資源を活用する団体に対して半構造化インタビューを実施し,記録したテキストデータを,自己組織化マップ手法と対応分析を用いて可視化することを試みた。その結果,各団体が持つ関心テーマを特定することができ,活動内容などによって関心テーマが異なることがわかった。

In the regional vitalization and town planning, it is important to effectively utilize the local resources. Because of this, it is necessary to understand the involvement of local residents and local resources. In this study, it was carried out semi-structured interviews with groups that use the forest resources in Takashima, Shiga Prefecture. The text data of the interview record was visualized by using the corresponding analysis and self-organizing map. From these analyses we identified the themes which each of the groups are interested in, and found these themes differ according to their activity contents.

収録刊行物

  • 環境情報科学論文集

    環境情報科学論文集 ceis29(0), 55-60, 2015

    一般社団法人 環境情報科学センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005162838
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0389-6633
  • NDL 記事登録ID
    027521602
  • NDL 請求記号
    Z74-E100
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ