大腸癌の予防  [in Japanese] Prevention of colorectal cancer  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 高山 哲治 TAKAYAMA Tetsuji
    • 徳島大学大学院医歯薬学研究部消化器内科 Department of Gastroenterology and Oncology, Institutes of Biomedical Sciences, Tokushima University Graduate School
    • 宮本 弘志 MIYAMOTO Hiroshi
    • 徳島大学大学院医歯薬学研究部消化器内科 Department of Gastroenterology and Oncology, Institutes of Biomedical Sciences, Tokushima University Graduate School
    • 六車 直樹 MUGURUMA Naoki
    • 徳島大学大学院医歯薬学研究部消化器内科 Department of Gastroenterology and Oncology, Institutes of Biomedical Sciences, Tokushima University Graduate School

Abstract

食生活を改善して大腸癌を予防する1次予防では,赤身肉,加工肉,アルコール,喫煙などの危険因子を回避(または減量)すること,野菜,線維,果物,牛乳,カルシウムなどを十分に摂取するとともに,適度な運動を行うように心がけるべきである.また,大腸癌を早期に発見する2次予防では,便潜血検査や大腸内視鏡検査を受けることが重要である.大腸内視鏡検査では,前癌病変である腺腫を摘除することも癌の予防に重要である.一方,現在種々の薬剤の発癌予防効果を調べる臨床試験が行われており,近い将来,有効な予防薬が開発されることが期待される.大腸癌の3次予防としては,異時性の大腸癌予防の観点から定期検査の受診が必要である.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 113(7), 1168-1175, 2016

    The Japanese Society of Gastroenterology

Codes

Page Top