『社会学の方法的立場』をめぐる方法論的考察(盛山和夫著, 『社会学の方法的立場 客観性とは何か』東京大学出版会, 2013年, 336頁, 3,200円(本体)) Methodological Reviewing of Kazuo Seiyama's Methodological Position of Sociology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

盛山和夫『社会学の方法的立場』ではM・ウェーバーやN・ルーマンらの方法論が批判的に再検討されているが,我々の考えでは,これらは彼らへの批判というより,その理論と方法の再記述にあたる.例えばウェーバーの方法は,近年の英語圏や独語圏での研究が示すように,主にJ・フォン・クリースの統計学的で分析哲学的な思考にもとづくもので,経験的な探究では『理念型』や『法則論的知識』は因果分析での反事実的条件としても使われている.彼の『価値-解釈』はベイズ統計学での事前分布と機能的に等価であり,有名な『価値自由』論が意味しているのは,内部観察である社会科学にとって不可避な,観察の理論負荷性である.

     In his Methodological Position of Sociology, Kazuo Seiyama criticized methodologies of canonical sociologists, such as Max Weber and Niklas Luhmann, but we think his arguments are re-descriptions of their method and theory rather than critics. As shown by recent researches, Weber's methodology mainly came from the statistical and analytic philosophical thought of Johannes von Kries, not from German idealism and historicism. Weber used“ideal type”and“nomological knowledge”as counterfacuals of causal analysis in empirical studies. His“Wert-Interpretation”is functional equivalent for Bayesian priori distribution, and his famous argument of“Wertfreiheit”implies the inevitable theory-ladenness of observations in social sciences, because they are internal observations of modern societies.

収録刊行物

  • 理論と方法

    理論と方法 29(2), 363-372, 2014

    数理社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005163391
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10096921
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-1442
  • NDL 記事登録ID
    025998448
  • NDL 請求記号
    Z6-2199
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ