母語対話の話者交替タイミング  [in Japanese] Turn-taking timing of mother tongue  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

母語話者の話者交替時の重複タイミング現象である話者移行適格場(TRP)に注目し、日本語と英語について、それぞれの母語話者とその言語を十分に習得している非母語話者の実時間対話を分析した。両言語ともに、対話者が母語話者の組み合わせ以外ではTRPの制約が成立していなかった。このことは、非母語話者が発信している言語情報は話者交替の予告情報にはならず、言語情報の裏に必然的に存在するプロソディにあることを示唆している。また日本語母語話者の5歳児と6歳児と成人の対話を分析し、さらに先行研究結果を参考にしたところ、日本語母語のTRPの制約は5歳児ころまでに獲得されることが推察された。母語話者の話者交替タイミング制御のモデルを提案した。

Journal

  • Studies in Science and Technology

    Studies in Science and Technology 5(1), 113-122, 2016

    Society for Science and Technology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005164311
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    2186-4942
  • NDL Article ID
    027556357
  • NDL Call No.
    Z74-H486
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top