自分の中に答えを見つけるイメージ療法:コヒーランス・プラクティスの大学授業への導入  [in Japanese] Therapy Practice for Finding the Answers Within:Introducing Coherence Practice to College Education  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ある私立大学において、2016年5月に特別講師・共同研究者として第一著者が「自分の中に答えを見つける&quto;イメージ療法&quto;」(言い換えれば、脳と心臓を同期させるコヒーランス瞑想により潜在意識から洞察を得る自己成長のためのプラクティス)と題して大学生への90分の特別講義を行った。その内容と、受講者の感想の質問紙調査の分析結果を報告する。授業の内容は、脳と心臓を同期させるコヒーランス瞑想により潜在意識から洞察を得る自己成長のための理論の説明とプラクティスであった。本報告では、第一に、米国ハートマス研究所で開発されたコヒーランス瞑想によるイメージ療法の概要を紹介する。第二に、受講者の質問内容や感想をテキストマイニングで分析することにより、大学生の悩みや希望、ニーズについてより良く知り、新しい授業の在り方や、学生の潜在能力を引き出すためのより効果的な支援の仕方へのヒントを得ることを目標とする。

The first author conducted a 90-minute lecture with students at a private university. The lecture entitled &quto;Visualization Therapy Practice for Finding the Answers Within&quto; covered the theory and practice of the coherence meditation technique developed by the HeartMath Institute in California to synchronize the heart and brain and capture insights from the subconscious mind. The present paper reports on the method and contents of the lecture and students' response to the class. The written survey responses of 145 students were subjected to content analysis and text mining. The results demonstrated positive acceptance of the meditation technique and increased interest in the particular therapeutic approach and psychology in general among students.

Journal

  • Journal of International Society of Life Information Science

    Journal of International Society of Life Information Science 34(2), 126-132, 2016

    International Society of Life Information Science

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005170203
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1341-9226
  • NDL Article ID
    027700071
  • NDL Call No.
    Z19-B795
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top