「働き方改革」と日本マイクロソフトの「フレキシブルワークスタイル」 "Work-Style Reforms" and "Flexible Workstyle" in Microsoft Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>日本マイクロソフトでは,働き方改革のリーディングカンパニーを標榜し,グローバルなインフラを活用しつつ日本独自の制度整備も進め,マイクロソフトのOffice 365を始めとしたICTを効果的に活用することで「フレキシブルワークスタイル」を全社で実践している。またテレワーク週間を主催し,賛同企業と共に社会全体の働き方改革に取り組んでいる。これらの事例の紹介を通じて,今働き方改革が必要とされる背景や,推進するためにどのような取り組みが必要と考えられるのか,また働き方改革が企業経営にもたらす効果とその検証結果などについて解説する。</p>

<p>Microsoft Japan implemented "Flexible Workstyle" by taking advantage of global infrastructure, developing local institutions and utilizing ICT like Microsoft Office 365 to be the leading company in workstyle innovation. And by hosting "Telework Week", Microsoft Japan is challenging workstyle innovation in whole society in Japan with sponsored companies. This case study will introduce you the background why workstyle innovation is needed now, what kind of measures should be considered to implement it, what is the benefit of it for running companies and some outcome.</p>

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 66(12), 608-611, 2016

    一般社団法人 情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005170214
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    027745015
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ