公共図書館における電子書籍サービス The E-book Lending Service for Japanese Public Libraries

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 池内 淳 IKEUCHI Atsushi
    • 筑波大学 図書館情報メディア系 Faculty of Library, Information and Media Science, University of Tsukuba

抄録

<p>2011年に「図書館法」が改正された際,公共図書館が収集するべき資料の種別に電子的資料を含めることが明記された。しかしながら,平成27年度の文部科学省委託調査によれば,電子化資料を利用者に提供している図書館は日本全国で約16%であった。さらに,米国では90%以上の図書館が実施している電子書籍サービスについては,日本では,54自治体の図書館が提供するに止まっている。そこで本稿では,(1)出版界と図書館界との関係,(2)都道府県立図書館の役割という二つの観点から,公共図書館に電子書籍サービスを導入することの意義と効果について論じた。</p>

<p>When the "Library Law" was amended in 2011, it was stipulated that electronic literature should be included in the library materials that public libraries should collect. However, according to the survey conducted by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology in 2015, the number of libraries that provide electronic materials to their users was about 16% in Japan. In this paper, the author discussed the significance and effectiveness of introducing e-book lending service to public libraries from two viewpoints: (1) relationship between publishing and public library, and (2) role of prefectural libraries in Japan.</p>

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 67(1), 25-29, 2017

    一般社団法人 情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005180699
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    027815976
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ