CAD/CAM冠の現状と将来展望  [in Japanese] Current status and future prospect of CAD/CAM composite crown  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 新谷 明一 Shinya Akikazu
    • 日本歯科大学生命歯学部歯科補綴学第2講座 Department of Crown and Bridge, The Nippon Dental University, Life Dentistry
    • 三浦 賞子 Miura Shoko
    • 東北大学大学院歯学研究科分子・再生歯科補綴学分野 Division of Molecular and Regenerative Prosthodontics, Tohoku University Graduate School of Dentistry
    • 疋田 一洋 Hikita Kazuhiro
    • 北海道医療大学歯学部口腔機能修復・再建学系 デジタル歯科医学分野 Division of Digital Dentistry, Department of Oral rehabilitation, Health Sciences University of Hokkaido School of Dentistry
    • 峯 篤史 Mine Atsushi
    • 大阪大学大学院歯学研究科クラウンブリッジ補綴学分野 Department of Fixed Prosthodontics, Osaka University Graduate School of Dentistry

Abstract

<p> 小臼歯の全部被覆冠として保険収載されたCAD/CAM冠の使用率は,年々増加し続けている.一方で,CAD/CAM冠の脱落などに代表されるトラブル報告も多くなってきている.CAD/CAM冠は,従来の歯冠補綴装置とは異なった製作方法や材料を使用しており,支台歯形態や接着方法に独自の配慮が必要である.また,多くの脱落が初期に生じているということは,従来の全部被覆冠からは考えられない原因の存在も推測される.本稿では,CAD/CAM冠に発生したトラブルのリスク因子を明らかにし,それに対応できるよう,支台歯形態,CAD/CAM冠用レジンブロックの特徴,適切な接着手順および術後管理について考察を行う.</p>

Journal

  • Annals of Japan Prosthodontic Society

    Annals of Japan Prosthodontic Society 9(1), 1-15, 2017

    Japan Prosthodontic Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005243609
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12374568
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1883-4426
  • NDL Article ID
    027855917
  • NDL Call No.
    Z74-G218
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top