モニタリングデータに基づくメカトロ機器の予防保全実施基準の決定法  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

最近設備のリモートメンテナンスの構築が進められているが,課題として特にメカトロニクス機器の場合は,運転制御用のセンサが用いられているため,監視データが直接故障と対応しないことがある.本研究では運転制御用センサから得られるデータに対して適切な予防保全実施基準を決定する方法を提案し,またその手法を自動改札機に適用しその効果を確認する.

Journal

  • Proceedings of JSPE Semestrial Meeting

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 2016A(0), 381-382, 2016

    The Japan Society for Precision Engineering

Codes

Page Top