05バ−25−ポ−20 競泳キックスタートにおける力の測定:手部、足部分離型力量計による測定

この論文にアクセスする

著者

抄録

<p> 競泳のスタートにおいて左右の手部および足部がそれぞれスタート台に加える力を測定した研究は行われていない。よって、本研究の目的は左右の手部および足部がそれぞれスタート台に加える力を独立して測定する装置を作成し、力を測定することを目的とした。大学競泳選手1名を対象として、スタート台上からのキックスタートを行わせた。傾斜10度の特注スタート台上の前後に防水小型フォースプレート(TF-2050-W、テック技販製)およびスタート台前面の左右に防水3軸力覚センサ(TLB05-500N、テック技販製)を設置し、スタート台上動作時の力を500Hzで測定した。得られた力データ(スタート方向の前後成分)を時間積分し、身体質量で除すことで力量計の速度変化量を算出した。この速度変化量を水平速度とした。結果、力データより計算された被験者1名の跳び出し水平速度は4.29m/sであり、四肢それぞれから得られた水平速度は右手0.11 m/s(2.5%)、左手0.19m/s(4.3%)、前脚1.48m/s(34.6% )および後脚2.51m/s(58.6% )であった。結果、後脚の発揮する力が跳び出し水平速度に大きく貢献していること、また手部における力発揮に左右差がある可能性が示唆された。</p>

収録刊行物

  • 日本体育学会大会予稿集

    日本体育学会大会予稿集 67(0), 181_3-181_3, 2016

    一般社団法人 日本体育学会

各種コード

ページトップへ