09方−26−ポ−42 バレーボールにおけるアンダーハンドレシーブの「ボールの勢いを吸収する」感覚に関する発生運動学的考察:初級学習者指導における事例から

この論文にアクセスする

著者

抄録

<p> バレーボールにおいて、勢いのある強いサーブやスパイクをレシーブする際には、その勢いを吸収しボールをコントロールする必要がある。そのための方法について技術書によっては、「腕を引いて」というような表現が用いられていたり、単に「ボールの勢いを吸収する」という記述がされていたりすることがある。しかし、実際に「腕を引いて」ボールの勢いを吸収しようとしても「吸収する」という感覚がわからないため、ボールコントロールができずにいる学習者も存在するのである。特に初級段階の学習者においてアンダーハンドレシーブの際に、強打に対してぶつかってしまうようなレシーブをし、結果ボールがネットを越えてしまったり、狙った位置に返球できたとしてもボールが高く上がってしまったりする様子が見受けられる。ここに、ボールの勢いを吸収する感覚を適切に学習者に伝える必要性を感じる。本研究は、バレーボールのアンダーハンドレシーブにおける「ボールの勢いを吸収する」感覚について、実際の指導事例を取り上げ発生運動学の立場から考察したものである。</p>

収録刊行物

  • 日本体育学会大会予稿集

    日本体育学会大会予稿集 67(0), 270_3-270_3, 2016

    一般社団法人 日本体育学会

各種コード

ページトップへ