13ア−25−口−10 文献研究による日本のインクルーシブ体育の現状と課題

この論文にアクセスする

著者

抄録

<p> 共生社会の実現に向けたインクルーシブ体育の推進や拡充は必要不可欠なものである。しかし、永浜(2010)が同じ種目を共に楽しむ体育についての実践報告は少ない、と述べるようにインクルーシブ体育における問題は多く指摘されており、インクルーシブ体育推進の大きな障壁となっている。そこで本研究では、インクルーシブ体育の今日的課題を明らかにすることを目的とし、インクルーシブ体育に関する先行研究の論文や文献の収集を行い、「現状」「問題点」に関する内容でまとめなおした。その結果、インクルーシブ体育の現状として、日本での地域スポーツとしてのアダプテッド・スポーツの認知度の低さや障害に関するスポーツ指導員の養成が積極的ではないこと等が挙げられた。インクルーシブ体育の課題として、教師を支援する環境づくりのために、法整備・ガイドライン作り、情報の共有化システム、教師の研修システム・勉強会等の確立が求められている等が挙げられた。これらのことから、インクルーシブ体育推進のための環境整備や改善、教師の養成や意識改革、障害の理解や受容、等が必要になると考えられた。</p>

収録刊行物

  • 日本体育学会大会予稿集

    日本体育学会大会予稿集 67(0), 337_1-337_1, 2016

    一般社団法人 日本体育学会

各種コード

ページトップへ