久米島農家の赤土流出対策実施・サトウキビ作型選択の要因  [in Japanese] Determinants of Farmers in Kume Island to Implement the Measures for Prevention of Red Clay Outflow and Crop Choice  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

沖縄において,赤土等流出問題により,河川や海中の生物多様性に大きな影響が出ていることが知られている。赤土等流出の流出源の1つが農地であり,農家の作物選択や,基幹作物であるサトウキビの作型(春植え・夏植え・株出し)により赤土等流出量が変化すると考えられており,サトウキビが赤土流出問題の大きな要因となっていると考えられている。<br>本研究では,2014年6月に久米島内の花卉農家・サトウキビ農家を対象として実施したアンケート調査の結果から,作物・サトウキビ作型選択や赤土流出対策を実施する農家のインセンティブに与える要因を明らかにし,農業経営に適した赤土等流出対策のあり方を検討する。調査の結果から,高齢農家ほど,赤土流出対策を実施していない傾向があることがわかった。また,費用や労働力不足が対策実施の阻害要因となっているという意見が聞かれた。さらに,サトウキビ作型については,高齢農家ほど夏植えを選択する傾向があること,栽培作物ごとの農家の特徴としては,サトウキビ農家は花卉農家に対して高齢化が進んでいること等が明らかとなった。また,株出しの連続実施年数は土壌の質に影響されていることが地域ごとのヒアリングから明らかとなった。

The red clay outflow has damaged the coral reef and reduced biodiversity in Okinawa. The main source of the outflow is farmland and the crop choice of farmers and land use affects the outflow. The main crop in Kume Island is sugar cane which results in more outflow than the other crops. The purpose of this study is to explore the determinants of farmers in Kume Island on the crop choice and adoption of the measures for prevention of red clay outflow, using the data of the survey for farmers in Kume Island implemented in July, 2014. Our main findings are (1)the older aged farmers are less likely to implement the measures for prevention of red clay outflow, (2) cost and labor to implement the measures reduce the incentive of farmers to implement the measures, (3)the older aged farmers are likely to implement summer planting, which encourages red clay outflow more than spring planting, rather than spring planting, (4)the farmers of sugar cane are older than the farmers of flowers and ornamental plants on average.

Journal

  • ENVIRONMENTAL SCIENCE

    ENVIRONMENTAL SCIENCE 28(6), 432-437, 2015

    SOCIETY OF ENVIRONMENTAL SCIENCE, JAPAN

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005245911
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10165252
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0915-0048
  • NDL Article ID
    026977585
  • NDL Call No.
    Z16-1836
  • Data Source
    NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top