ワカサギにおける放射性セシウムの生物学的半減期の推定  [in Japanese] Estimation of the biological half-life of radioactive cesium in wakasagi <i>Hypomesus nipponensis</i>  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p> 群馬県赤城大沼で釣獲した放射性セシウムを含むワカサギを用いた飼育実験により,放射性セシウムの減衰過程を経時的に測定して生物学的半減期(<i>T</i><sub>bio</sub>)を算出した。その結果,実験期間を通じたワカサギの<i>T</i><sub>bio</sub>は350-366日と推定された。また,2012年3-4月に繁殖行動が確認されたことから繁殖期前後で<i>T</i><sub>bio</sub>を算出したところ,繁殖期前で181-195日,繁殖期後で389-440日となり,明らかな差異が認められた。このことは,繁殖期前後で放射性セシウムの代謝速度が変化していることを示唆した。</p>

Journal

  • NIPPON SUISAN GAKKAISHI

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 82(5), 774-776, 2016

    The Japanese Society of Fisheries Science

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005249384
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00193422
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0021-5392
  • NDL Article ID
    027695036
  • NDL Call No.
    Z18-345
  • Data Source
    NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top