赤血球造血における比較血液学的視点  [in Japanese] A comparative perspective on erythropoiesis  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 加藤 尚志 KATO Takashi
    • 早稲田大学大学院先進理工学研究科 生命理工学|早稲田大学教育学部 理学科 生物学 Graduate School of Advanced Science and Engineering, Waseda University|Department of Biology, School of Education, Waseda University
    • 前川 峻 MAEKAWA Shun
    • 早稲田大学大学院先進理工学研究科 生命理工学|早稲田大学教育学部 理学科 生物学 Graduate School of Advanced Science and Engineering, Waseda University|Department of Biology, School of Education, Waseda University
    • 永澤 和道 NAGASAWA Kazumichi
    • 早稲田大学大学院先進理工学研究科 生命理工学|早稲田大学教育学部 理学科 生物学 Graduate School of Advanced Science and Engineering, Waseda University|Department of Biology, School of Education, Waseda University
    • 奥井 武仁 OKUI Takehito
    • 早稲田大学大学院先進理工学研究科 生命理工学|早稲田大学教育学部 理学科 生物学 Graduate School of Advanced Science and Engineering, Waseda University|Department of Biology, School of Education, Waseda University
    • 谷崎 祐太 TANIZAKI Yuta
    • 早稲田大学大学院先進理工学研究科 生命理工学|早稲田大学教育学部 理学科 生物学 Graduate School of Advanced Science and Engineering, Waseda University|Department of Biology, School of Education, Waseda University

Abstract

<p>造血系は進化の過程で殆どの脊椎動物に保持され,中でも赤血球の存在は,脊椎動物に共通している。多様な動物種を対象とする比較生物学的アプローチは,生物の仕組みの理解の基礎になるのと同時に,未知の生体制御系の探索に展開可能である。最近ではゲノム情報を活用したオミクス解析や,全RNAシークエンシングなどの網羅的分子検索も可能になった。この技術革新によって,かつては分子実験手段を欠いた「非モデル」動物であっても,「モデル」動物化が急速に実現しつつあり,発見研究のパラダイムシフトとなりつつある。実験血液学においてもヒトやマウスに対象を限ることなく,様々な動物種の血球形態・機能,造血制御,造血因子の構造や作用などの解析を進めることによって,造血制御の多様性・普遍性の探求が可能である。特に動物の進化を考察する上で,赤血球造血は殆ど全ての脊椎動物で共有されている指標として位置づけることができる。</p>

<p>The acquisition of fundamental information by the use of recent technologies, including omics-based molecular analyses and total RNA sequencing, has opened the door to further advances in physiological studies on new animal models. Currently, we are endeavoring to develop a comparative hematology protocol in order to build a discovery platform. All vertebrates, with the exception of a few species, have universally peripheral erythrocytes and hemoglobin, suggesting erythropoiesis to be an evolutionary index.</p>

Journal

  • Rinsho Ketsueki

    Rinsho Ketsueki 57(7), 925-932, 2016

    The Japanese Society of Hematology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130005254943
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00252940
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0485-1439
  • NDL Article ID
    027574094
  • NDL Call No.
    Z19-295
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top