ラット脂肪肝モデルを用いた抗原虫薬dimetridazoleの肝発がん促進および脂質代謝異常におけるNADPH oxidase 抑制剤apocyninの効果  [in Japanese] Effect of a NADPH oxidase inhibitor apocycin on liver carcinogenesis and lipid metabolism disorder by dimetridazole in a rat model of liver steatosis  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 村山 宗理 MURAYAMA Hirotada
    • 東京農工大学農学部獣医学科獣医病理学研究室 Laboratory of Veterinary Pathology, Department of Veterinary Medicine, Tokyo University of Agriculture and Technology
    • 寒川 祐見 KANGAWA Yumi
    • 東京農工大学農学部獣医学科獣医病理学研究室 Laboratory of Veterinary Pathology, Department of Veterinary Medicine, Tokyo University of Agriculture and Technology
    • 渋谷 淳 SHIBUTANI Makoto
    • 東京農工大学農学部獣医学科獣医病理学研究室 Laboratory of Veterinary Pathology, Department of Veterinary Medicine, Tokyo University of Agriculture and Technology
    • 吉田 敏則 YOSHIDA Toshinori
    • 東京農工大学農学部獣医学科獣医病理学研究室 Laboratory of Veterinary Pathology, Department of Veterinary Medicine, Tokyo University of Agriculture and Technology

Abstract

【背景及び目的】肝臓の脂肪化及び発がん過程において、NADPH oxidase(NOX)の関与が示唆されている。今回、高脂肪飼料(HFD)給餌による脂肪肝とdextran sulfate sodium (DSS)誘発性腸炎をラット中期肝発がん性試験に適用し、脂肪性肝疾患に基づいた肝発がん促進評価モデルを構築し、抗原虫薬dimetridazole(DRZ)の高脂血症、脂肪肝、肝前がん病変への影響並びにNOX抑制剤apocynin(APO)の併用効果を検証した。【方法】各群11~13匹の5週齢F344ラットを用いて2つの肝中期発がん性試験を実施した。実験1では基礎飼料(BD)とHFDを給餌し、比較した。実験2ではBD群、HFD群、HFD+ DRZ (0.5%で混餌)群、HFD+DRZ+APO (0.2%で飲水) に分け、DSS(1.5%)を試験開始5週目から5日間飲水投与した。動物は試験9週目に解剖した。【結果】実験1では、HFD給餌により体重及び腹腔内脂肪重量、血漿中性脂肪の増加がみられ、肝臓の脂肪化、脂肪滴で発現するPlin2遺伝子の高発現が見られた。GST-P陽性巣 (>直径200μm) の数及び面積はHFD給餌により増加し、陽性巣内のNOX関連分子p22phoxの発現が増加した。DSS処置下の実験2では、HFD給餌により血漿ALT・AST値の上昇が見られ、肝傷害が増強していた。GST-P陽性巣 (>直径200μm) の面積と数の増加、陽性巣内の増殖活性指標であるKi-67、p22phoxの発現増加が認められ、NOX関連因子Poldip2の高発現がみられた。DRZ投与により血漿総コレステロールの増加と伴にmicro-GST-P陽性巣 (直径50~200μm) の数が増加し、APOの併用によりその発現が抑制された。【考察】HFD給餌及びDSS処置条件下において、DRZはNOX関連性の脂質代謝異常と不完全な肝発がん促進作用を示すことが示唆された。

Journal

  • Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 43.1(0), P-26, 2016

    The Japanese Society of Toxicology

Codes

Page Top