運転・育児・防災活動,どこまで機械に任せるか:多様なステークホルダーへのアンケート調査 Automated driving, nursing, disaster prevention: How far we could entrust Artificial Intelligence?: A questionnaire survey on various stakeholders

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>人工知能技術の「責任ある研究とイノベーション(Responsible Research and Innovation: RRI)」のためには多様なステークホルダー間による対話・協働が不可欠である。本研究では,情報学系研究者のほか情報学の倫理的・法的・社会的問題を考える人文・社会科学研究者,政策系の専門家やSFなど創作/編集活動関係者,メディア,一般市民など多様なステークホルダーにアンケート調査を行った。10年後の運転,育児,介護,人生選択,健康管理,創作活動,防災,軍事の8分野では,全体として運転・防災・軍事分野など「知的な機械・システム」の導入に社会的合意が必要とされる分野の機械化には積極的な意見が多い。一方,ライフイベントにおける意思決定や健康管理など個人選択に委ねられる分野は「人間が主体で機械を活用する」傾向にあった。回答者の専門や価値観,経験によって意見は多様であり,個別の技術導入場面において機械と人間の関係をいかに創造的に組み替えていくかの議論が重要である。</p>

<p>Responsible Research and Innovation (RRI) on Artificial Intelligence (AI) requires various stakeholders to discuss Human-Machine relations in the near future. Therefore, we conducted questionnaire surveys twice in December 2015 and February 2016. The first survey was for researchers on AI, social sciences and humanities (SSH) researchers, policy makers, SF (science fiction) writers and the public. The second survey was for AI researchers working at private industries, media, and other specialties such as law and religion. The results indicate that respondents were positive about introducing AI that requires social consensus such as driving, disaster prevention and military activities scenarios compared to others. On the other hand, scenarios that requires personal decision making such as life events tended to answer that humans take the initiatives and use AI as a tool. Being aware of the differences will enhance the implementation of AI in a variety of scenarios.</p>

収録刊行物

  • 情報管理

    情報管理 59(5), 322-330, 2016

    国立研究開発法人 科学技術振興機構

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005261173
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116534
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021-7298
  • NDL 記事登録ID
    027507200
  • NDL 請求記号
    Z14-375
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ