学会誌をどう出版するか:商業出版社に託す場合の注意点 How to publish society journals: Tips for outsourcing journals to commercial publishers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>学会誌の出版事業は簡単ではない。作業を国際的な大手出版社に委託する学会や研究機関は後を絶たない。大手出版社の方が,使いやすい査読システム,国際的な宣伝戦略,そして何よりインパクトファクターを上げるノウハウなど,メリットが大きくみえる。しかし,委託の交渉は容易ではない。調べてみたら,著作権や法的な責任体制において学会側が不利だった,という場合も多いはずだ。その実例が,筆者が所属する国際メタボロミクス学会である。学会誌における不利な条件を改善しようと出版社と交渉を続けてきたが,合意に至らなかった。そして現在,新規に学会誌を創刊する道を選んでいる。その事例をもとに,国内学会が出版事業を委託する際の要点を紹介し,J-STAGEの利点を確認する。</p>

<p>Publication of academic journals is not trivial. Many academic societies and institutions outsource the task to large international publishing houses, which seem more dexterous in providing review systems, advertising journals internationally, and most of all, improving the impact factor. The negotiation of the outsourcing is, however, not simple. Detailed inspection may reveal unbalanced legal liability on the society side. Indeed, the Metabolomics Society, to which the author belongs, could not reach the agreement with a publisher to improve its legal status in managing its official journal. As a result, the society chose to start a new society journal. Based on this example, I introduce tips for societies to outsource journals, and confirm the benefit of using J-STAGE.</p>

収録刊行物

  • 情報管理

    情報管理 59(6), 377-383, 2016

    国立研究開発法人 科学技術振興機構

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005261253
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116534
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021-7298
  • NDL 記事登録ID
    027570943
  • NDL 請求記号
    Z14-375
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ