べにふうき緑茶中のメチル化カテキン測定法の室間共同試験による妥当性確認 Validation of Method for Determining <i>O</i>-methylated Catechin in 'Benifuuki' Green Tea (<i>Camellia sinensis </i>L.) by Interlaboratory Study

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 法邑 雄司 Homura Yuji
    • 独立行政法人農林水産消費安全技術センター Food and Agricultural Materials Inspection Center
    • 堀江 秀樹 Horie Hideki
    • 国立研究開発法人農業·食品産業技術総合研究機構野菜茶業研究所 NARO Institute of Vegetable and Tea Science, National Agriculture and Food Research Organization
    • 鈴木 忠直 Suzuki Tadanao
    • 独立行政法人農林水産消費安全技術センター|国立研究開発法人農業·食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 Food and Agricultural Materials Inspection Center|National Food Research Institute, National Agriculture and Food Research Organization
    • 安井 明美 Yasui Akemi
    • 国立研究開発法人農業·食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 National Food Research Institute, National Agriculture and Food Research Organization

抄録

<p>「機能性表示食品」として期待されるべにふうき緑茶のメチル化カテキンについて,測定法の条件検討を行い,室間共同試験により妥当性の確認を行った.</p><p>高速液体クロマトグラフ法により,0.2%リン酸水溶液,メタノールおよびアセトニトリルを77 : 18 : 5の割合で混合した移動相により,エピガロカテキン-3-<i>O</i>- (3-<i>O</i>-メチル)ガレート(EGCG3"Me)が10分以内に分析可能となった.また,やぶきた緑茶を試料と同様に抽出し,EGCG3"Meが検出限界以下であることを確認した液を試験溶液と同じ希釈倍率となるように添加した標準溶液を用いることにより,機種間の定量値の変動を小さくすることができた.</p><p>室間共同試験には10試験室が参加し,5材料を非明示2反復で測定した.その結果,EGCG3"Me含有量が1.1~1.9% (w/w)の範囲で,RSD<sub>r</sub>およびRSD<sub>R</sub>はそれぞれ1.4〜2.0%および1.6〜5.7%となった.また,HorRat valuesは0.39〜1.4となり,2以下であることから室間再現性の妥当性を確認することができた.</p>

<p>An analytical method for the determination of <i>O</i>-methylated catechin in 'benifuuki' green tea (<i>Camellia sinensis </i>L<i>.</i>) was investigated and evaluated by an interlaboratory study. Epigallocatechin-3-<i>O</i>-(3-<i>O</i>-methyl) gallate (EGCG3"Me) was well separated within ten minutes by high performance liquid chromatography (HPLC). The detection limit (S/N=3) of EGCG3"Me in this method was 0.005% (w/w). Ten participating laboratories independently analyzed five test materials (five pairs of blind duplicates) in an interlaboratory study. The repeatability (RSD<sub>r</sub>) and reproducibility (RSD<sub>R</sub>) of the evaluated methods were 1.4∼2.0% and 1.6∼5.7%, respectively, in a concentration range from 1.1 to 1.9% (w/w). The HorRat values of the EGCG3"Me concentration were 0.39 to 1.4. The present study showed that this method has acceptable precision.</p>

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌

    日本食品科学工学会誌 63(7), 312-318, 2016

    公益社団法人 日本食品科学工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005261465
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1341-027X
  • NDL 記事登録ID
    027484967
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ