微生物機能を活用したセメント改良土の劣化抑制技術に関する検討 A STUDY OF REDUCING FOR CEMENT TREATED SOIL'S DETERIORATION BY MICROBIAL FUNCTION

この論文にアクセスする

著者

抄録

近年,セメントを用いた固化処理工法が盛んに利用されているが,セメント改良土は海水に接触すると,固化成分であるカルシウム(Ca)が海水中に溶出し劣化することが既往の研究から明らかになっている.そこで,本研究では,海水曝露条件下における劣化と温度の関連を明らかにするとともに,微生物由来の尿素加水分解酵素を利用し,セメント改良土から溶出するCa分をCaCO<sub>3</sub>としてセメント改良土中に再固定する新しい劣化抑制技術について検討した.試験の結果から,セメント改良土は海水曝露される温度条件が高いとより劣化が促進されること,微生物機能を利用すると温度条件に関わらずCaの溶出を抑制することが明らかとなった.以上より,セメント改良土の海水環境下での劣化抑制技術として微生物機能の併用が有効であると考えられる.

 Cement treated soil is used as a countermeasure for poor ground. But, cement treated soil deteriorate by calcium leaching because of exposing seawater. This study considered a technology of reducing deterioration of cement treated soil by using microbial function. This microbial function is urease. The urease is a function to hydrolyze urea. Authors tested seawater exposure tests using 2 types of the urease-producing bacteriums of <i>Sporosarcina aquimarina</i> and <i>Bacillius pasteurii</i>. The purpose of this tests are checking effect of reducing deterioration of cement treated soil by the urease-producing bacteriums.<br> In addition, We tested seawater exposure tests 2 types of conditions of temperature 20°C is used for exposure tests, and 30°C is a temperature that is suitable for the growth of bacteriums, the purpose of this tests are checking relation temperature and deterioration speed. The main outcomes are as follows: 1) 2 types of the urease-producing bacteriums have an effect of reducing deterioration 2) 2 types of condition of temperature have relation to deterioration speed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集B3(海洋開発)

    土木学会論文集B3(海洋開発) 72(2), I_414-I_419, 2016

    公益社団法人 土木学会

各種コード

ページトップへ