海水浴場における海岸利用者の安全性に関するリスク評価手法の提案 PROPOSAL OF BEACH RISK ASSESSMENT METHOD OF JAPAN

この論文にアクセスする

著者

抄録

わが国の海水浴場では,毎年多くの溺水事故が発生している.海水浴場における意識なしの溺者を含む救助は毎シーズン1,000~3,000件,応急処置は10,000~25,000件であり,溺水の要因は主に離岸流,風等であった.また,海水浴場における具体的な傷病として,刺胞毒を有するクラゲやエイ等による被害が多いことが分かった.溺水や傷病を未然に防ぐためには,海水浴場の危険性を明らかにし,海岸利用者に周知することで事故防止を図るとともに,適切なリスク管理による海水浴場の運営が望まれる.そこで,わが国の海水浴場における溺水の要因や傷病の特徴,監視救助体制の課題などを考慮した海岸利用者の安全性に関するリスク評価手法を検討し,安全な海岸利用に影響を与える要因(ハザード)とそれによる溺水や傷病(ケガ等)が起こりうる可能性を考慮したHazards & Risksと,事故防止・監視救助体制などのBeach management & Patrol systemに関わる評価項目,評価指標,評価方法,さらに安全性の高い海水浴場の条件(総合評価)について提案した.

 There are a lot of drowning accidents occurring on sea bathing areas every year in Japan. In this study, actual situations of beach accidents of Japan caused by drowning and the first aid were investigated using lifesaver's reports. The drowning accidents including unconscious victims were from 1,000 to 3,000 cases every year starting from 1998 to 2015. Also, the first aid was carried out 10,000 to 25,000 times every year in the same period. In addition, the outbreak factors of drowning and injury/disease names were cleared. In order to reduce drowning and first aid, the beach risk assessment method to understand potential risks and an appropriate beach management was proposed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集B3(海洋開発)

    土木学会論文集B3(海洋開発) 72(2), I_826-I_831, 2016

    公益社団法人 土木学会

各種コード

ページトップへ