近代日本の生活環境と「香り文化」 アロマテラピー受容の背景―第2報 メディアの言語表現の視点からみるアロマテラピー受容の背景― Living environment and aroma-culture in modern Japan, social background of Japanese aromatherapy: 2 Verbal expression in the mass media

この論文にアクセスする

著者

抄録

<p>本研究では,「香り文化」を,「主に快適性の増進を目的とした,室内における香りの活用全般に関する文化」と定義し,明治期から2000年までの経済状況や生活環境の変化のなかで「香り文化」がたどった変遷を探り,日本の社会におけるアロマテラピーの受容と展開にどのような背景があったのかを明らかにした。この第2報では,1980年代から2000年の新聞・雑誌記事を対象に「香り文化」に関する言語表現を調査し分析を行った。アロマテラピーの受容と展開の背景となった,ほかの「香り文化」の社会のなかでのあり方や1990年代の「心のケア」を求める世相,教育,出版,企業のマーケティングなどにかかわる言語表現の変化を把握し,「香り文化」におけるアロマテラピーの新規性や意義を考察した。</p>

<p>The purpose of the present study was to clarify the social background of the acceptance and expansion of Japanese aromatherapy in the economic situation and living environment from the Meiji period to 2000. Here, the authors surveyed the change of "aroma-culture." The authors used the phrase "aroma-culture" to refer to the indoor usages of aroma to create pleasant environment. In this research, the authors investigated verbal expressions in newspaper accounts from 1980 to 2000, to study the acceptance and expansion of Japanese aromatherapy promoted by education, publication, marketing, and the tide of popular opinion. Accordingly, the significance of aromatherapy was determined to be characterized by the consumers' expectations for healing.</p>

収録刊行物

  • アロマテラピー学雑誌

    アロマテラピー学雑誌 17(1), 8-18, 2016

    公益社団法人 日本アロマ環境協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130005265274
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1346-3748
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ